三次元ボリューム・レジストレーション「VolumeRegistration」

三次元ボリューム・レジストレーション「VolumeRegistration」

比較読影時の自動位置合わせが簡単に可能。
読影効率を向上するボリューム・レジストレーション。

医療機器販売名 :画像診断用ビューアプログラム JM14001
医療機器認証番号:227AFBZX00074000

CT及びMRI検査画像の診断では、過去画像とのスライス位置合わせにはタグ情報を参照し、通常ゼロポジションを基準にしています。そのためスライス開始位置がずれている場合や呼吸等により臓器が変形している場合は、手動でスライス位置の補正を行う必要があります。本オプションは、ボリュームデータを元に自動で位置合わせが可能、さらに胸部CT画像では非剛体の同期位置合わせ機能により、臓器の三次元的な変形に追従した近似位置をワンクリックで表示可能です。