線量管理システム「DoseChecker」のご案内

2018年度診療報酬改定で画像診断管理加算3および頭部MRI撮影加算にCTの線量管理が必須条件となったこと、また2020年の4月の医療法施行規則の一部改正により、線量の管理・記録が義務化されることを受け、対策が急務となっています。線量管理システム「DoseChecker」は、DICOM RDSRを収集、集計結果のDRLs比較はもちろん、箱ひげ図や散布図による詳細な分析が可能。医療現場における線量最適化活動を支援します。