読影レポート(所見)見落とし防止管理機能のご案内

以前より日本医療機能評価機構の医療安全情報では、画像検査の際に画像診断報告書の確認不足によるインシデントについての報告があり、注意喚起がされています。読影レポート支援システム「LUCID」の最新バージョンでは、検査単位の注意喚起(クリティカルアラート)や未確認レポートのチェックや確認等が可能な新機能として「読影レポート(所見)見落とし防止管理機能」を搭載しました。本製品の詳細は右上のお問い合わせフォームでお問い合わせください。