ITEM2018国際医用画像総合展(ITEM in JRC 2018) 出展のご報告

item2018_main_fix

毎春恒例のITEM2018国際医用画像総合展(ITEM in JRC 2018)が4月13日(金)から15日(日)まで、パシフィコ横浜で開催されました。

How may I serve you ?
どのようなご要望にお応えしましょうか?

今年のITEMではこの言葉をテーマに掲げ、IMAGING Solutionコーナーでは「制度改革」「教育利用」「医療安全」「業務効率」の4つの視点で、IT Solutionコーナーでは「医療の質の向上」をポイントに、お客様の目線に立ち、診療報酬改定や新専門医制度、教育利用など、昨今の医療を取り巻く様々な問題を解決するソリューションをご紹介いたしました。

また、隣接のパシフィコ横浜会議センターでの「第77回日本医学放射線学会総会」共催ランチョンセミナーでは、岐阜大学 工学部 准教授の原 武史先生をお招きし、「深層学習の話題と医用画像認識への応用」という演題でご講演をいただきました。昨今ますます注目されているAI(人工知能)に関する演題ということで、会場へ入りきれないほどの立ち見のお客様が出る盛況ぶりでした。

会期中は弊社ユーザー様をはじめ、多数の医療機関様や企業様にご来場をいただき、大変盛況に終了することができましたことをスタッフ一同、心より感謝申し上げます。
当日お客様より頂いたご意見・ご要望を元に、お客さまのニーズを第一とした製品づくりとサービス改善に努めて参ります。
弊社ブースご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

item2018_01

item2018_02

item2018_03

item2018_03

item2018_05

item2018_06

item2018_07

item2018_08

item2018_09

item2018_10

item2018_11

item2018_12

各メディアでの紹介

株式会社インナービジョン インナビネット
http://www.innervision.co.jp/report/item/2018/products/jmac_report

月刊 新医療 国際医用画像総合展 展示ブースリポート
http://www.newmed.co.jp/gakkai/5134

共催ランチョンセミナーのご報告

4月14日(土)、隣接するパシフィコ横浜会議センターで開催された「第77回日本医学放射線学会総会」において、ランチョンセミナーを共催いたしました。
今年は岐阜大学 工学部 准教授の原 武史先生をお招きし、「深層学習の話題と医用画像認識への応用」という演題でご講演をいただきました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

第76回日本医学放射線学会総会 ランチョンセミナー16
seminar_no77jrs
演題:深層学習の話題と医用画像認識への応用
司会:松迫正樹 先生(聖路加国際病院 放射線科 医長/胸部画像診断室 室長)
講演:原 武史 先生(岐阜大学 工学部 准教授)