ITEM2016国際医用画像総合展(ITEM in JRC 2016)出展のご報告

ITEM2016国際医用画像総合展(ITEM in JRC 2016)出展のご報告

2016年4月15日(金)から17日(日)まで、恒例のITEM2016国際医用画像総合展(ITEM in JRC 2016)がパシフィコ横浜で開催されました。
昨年に引き続き、「Get Imagination, Make Innovation.」とテーマを掲げ、クラウドPACSソリューション「XTREK F.E.S.T.A」と地域医療連携から施設間画像共有などのオプションサービス、煩雑化する放射線部門業務をより効率化する放射線部門システム「ACTRIS ver.2」、「M2Plus」の最新電子書籍や新製品の「LiveStack」、書籍販売サイト「M2Paper」、eSiteHealthcareの遠隔読影ソリューションなど、ジェイマックシステムの最新ソリューションを各コーナーで展示いたしました。弊社ブースへご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。
今年は開催前日の14日夜に熊本地方で大きな地震が発生、さらに大きな地震や余震が続き、大変大きな被害との報道に胸が詰まる思いです。九州地方の皆様、被災者の方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の1日も早い復旧を祈念しております。
※熊本地震に関する弊社対応につきましては こちら をご覧ください

item2016_01_fix.jpg

item2016_02_fix.jpg

item2016_03_fix.jpg

item2016_04_fix.jpg

item2016_05_fix.jpg

item2016_06_fix.jpg

item2016_07_fix.jpg

item2016_08_fix.jpg

item2016_09_fix.jpg

item2016_10_fix.jpg

各メディアでの紹介

株式会社インナービジョン インナビネット
  → http://www.innervision.co.jp/report/item/2016/products/jmac_report
株式会社メディカルアイ RadFan ONLINE
  → http://www.e-radfan.com/item-jrc2016/50556/

共催ランチョンセミナーのご報告

4月16日(土)、隣接のパシフィコ横浜会議センターで同時開催された「第75回日本医学放射線学会総会」において、ランチョンセミナーを共催いたしました。今年は「読影レポート作成トレーニングシステム ~ティーチングファイルの枠組みを超えて~」と題し、北海道大学病院 放射線部 工藤先生のご講演をいただきました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

第75回日本医学放射線学会総会 ランチョンセミナー19


演題:読影レポート作成トレーニングシステム
~ティーチングファイルの枠組みを超えて~

司会:吉浦 敬 先生(鹿児島大学病院 放射線科長 教授)
講演:工藤 與亮 先生(北海道大学病院 放射線診断科長 放射線部 准教授)