ITEM 2018 国際医用画像総合展 (ITEM in JRC 2018) 出展のお知らせ

item2018_head

item2018img_01
今日、医療を取り巻く環境は刻々と変化しています。
高齢化に伴う医療需要の変化や医療制度改革、専門医制度の創設や診療報酬改定、多様な医療ニーズへの対応…
これらの直面する変化には、医療安全や医療の質の担保、人材の不足・偏在、病院完結から地域完結への移行など、様々な問題点や課題があります

今年の展示ブースでは、
「How may I serve You? どのようなご要望にお応えしましょうか?」というテーマを掲げ、
お客様の目線に立ち、問題を解決するソリューションを豊富にご紹介いたします。

ITEMへご来場の際は、ぜひ当社ブースへお立ち寄りください。
そしてどのような事でお困りなのか、お客様のご要望をお聞かせいただけませんか?
スタッフ一同、ご来場をお待ちしております。

会期:2018年4月13日(金)~15日(日)
・13日 10:00~17:00(開会式9:30~)
・14日  9:30~17:00
・15日  9:30~15:00

会場:パシフィコ横浜 展示ホール A,B,C,D
横浜市西区みなとみらい1-1-1

アクセスMAP >> http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html

ジェイマックシステム ブース番号:No.419

boothmap2018

主催:一般社団法人 日本ラジオロジー協会(JRC)
運営:一般社団法人 日本画像医療システム工業会(JIRA)

各展示コーナーのご紹介

item2018img_02

Imaging Solution(CloudPACS/Viewer/Report)

診療報酬改定や新専門医制度、病院機能評価などの要件では「夜間/休日、24時間の画像診断対応」、「撮影の精度向上の標準化」、「読影結果のダブルチェックや見落とし防止」など、様々な対応が必要です。
IMAGING Solutionコーナーでは、これら様々な問題解決を目的に、「制度改革」「教育利用」「医療安全」「業務効率」の4つの視点で、お客様目線に立った豊富なPACS/Reportソリューションをご紹介いたします。

item2018img_03

IT Solution(RIS/RTIS/線量管理)

各検査装置のデジタル化、検査業務およびカルテのIT化が進展した現在、医療安全面では「正確な情報伝達や患者認証機能による医療事故の防止」、業務効率面では「入力作業の省力化やデータ活用による効率化」、「PACSやReport、他部門システムとのシームレスな連携」など、放射線部門システム(RIS)に求められる役割は多義に渡ります。
IT Solutionコーナーでは「医療の質の向上」を視点に、放射線部門業務システム「ACTRIS」の充実した機能と豊富なオプション機能をご紹介いたします。

遠隔読影Solution(eSite Healthcare)

多数の読影会社やグループ、読影医の先生方より支持をいただいている「遠隔読影ASPサービス」。学会・研究会支援や、デジタル出版などをご紹介いたします。

【展示内容】

・遠隔読影ASPサービス ・国際医療支援 ・学会/研究会支援サービス ・デジタル出版サービス
・CAD開発プラットフォーム「CIRCUS+」(WIP)

Future Technologies(eSite Healthcare)

人工知能、ロボティクス、IoT、ブロックチェーンなどの最先端テクノロジーを最大限に活用し、未来のヘルスケア/医療スタイルをデザインします。

【展示内容】

・近い将来実現するであろう「未来の医療スタイル」を、映像でご紹介いたします。
・既に実現済みのAIやクラウドを活用した医療/ヘルスケア関連ソリューションをご紹介いたします。

主な展示製品

クラウドPACS「XTREK F.E.S.T.A」

  • ハイブリッドタイプ/アーカイブタイプ
  • 院外画像参照サービス
  • Web検査予約サービス

統合画像ビューア「XTREK VIEW」

  • Volume Registrationオプション
  • その他Advancedオプション

読影レポートシステム「LUCID」

  • 読影トレーニングオプション
  • 画像診断管理加算支援オプション
  • 三重読影オプション
  • LUCID 専門医研修オプション

放射線部門業務システム「ACTRIS」

  • 線量管理オプション
  • 始業終業点検オプション
  • RTISオプション

etc.

共催ランチョンセミナーのご案内

4月14日(土)、隣接のパシフィコ横浜会議センターで同時開催される「第77回日本医学放射線学会総会」において、共催ランチョンセミナーを予定しております。今年は岐阜大学工学部の原 武史先生をお招きし、深層学習と医用画像についてのご講演を予定しております。
ぜひランチョンセミナーにもご参加ください。

第77回日本医学放射線学会総会 ランチョンセミナー16

演題:深層学習の話題と医用画像認識への応用
日時:4月14日(土)12:00〜12:50
会場:パシフィコ横浜 会議センター3F 311 + 312
司会:松迫正樹 先生(聖路加国際病院 放射線科 医長/胸部画像診断室 室長)
講演:原 武史 先生(岐阜大学 工学部 准教授)

>> 共催ランチョンセミナーご案内パンフ